大福帳
 

大福帳
--年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 05月 08日 (月) 00:00
kabukiza0605.jpg

傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
  将監閑居の場
  浮世又平    三津五郎
  又平女房おとく 時 蔵
  狩野雅楽之助  松 緑
  土佐将監    彦三郎
「のび太のくせに」の100倍ぐらい濃い世界が展開される。「どもりのくせに」「手も十本…(泣く)」などなど。伝統芸能の治外法権を、昔の漫画や映画にも適応するべきだ。歌舞伎の言葉はいろんな意味で、現代の日本から見ると外国語に近い。話も冷静に考えるとめちゃくちゃ。でも台詞廻しを聴くと、型や音の運びや抑揚から立ち上る、頭の理解や心理読解を飛び越えた、人間の生々しい感覚の怒濤のウェーブにもらい泣きする。
時蔵は又平(どもりの絵描き)や宗五郎(たちのわるい酒飲み)など、何か抱えている人と一緒に長いこと連れ添ってきた、という役が似合う。暗くなりすぎない、独特のゆったりした空気が流れる。だから、名字をもらいたいという願いが叶わないと知り、師匠の家の庭で夫婦ともに死のうとする(すごいね)時に悲しいのだろう。辞世の句がわりに、又平が手水鉢に描いた自画像が、石を通り抜けて反対側(客席に向いた方)に滲み出てくるという奇跡が起きてハッピーエンドに。
保名(やすな)
  保名  菊之助
藤娘(ふじむすめ)
  藤の精 海老蔵 ←めずらしく女形
二人とも、それぞれの曲の中で歌われるような「愛しい女人」「つれないいい男」の役を演じている時に観る機会が多かった。今回はそういう人を想ったり語ったりする立場の役を踊るということで、いずれも初役であるという以上に新鮮に感じられた。(菊之助はふだん、立役・女形両方やる)。
藤娘、当て振りの部分を「ほら飲めよ」「ん、でも」と完全に一人二役というか、勘一お宮式の話法で踊っているような、変わった面白いアプローチだ。顔の力が並外れて強いためか、たまーにスイッチがうまくいかなくて、目のすわった藤の精のヤケ酒に見えたのが惜しまれる。
気狂いの保名のまわりに咲く菜の花を観て、黄色ってずばぬけてへんな色だと実感。季節×色彩の使い方が、うまくて無駄がなくて科学的ですらある。ヨーロッパの映画も天候の変化を巧みに使う。
黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき)
  番頭権九郎、花川戸助六 菊五郎
  紀伊国屋文左衛門    梅 玉
  鳥居新左衛門      左團次
  牛若伝次        海老蔵
  新造白玉        菊之助
  三浦屋女房お仲     田之助
  三浦屋揚巻       雀右衛門
海老蔵・菊之助、似合いの役に戻る。助六のパロディがたくさん出てくるが、助六自体何かのパロディのような、アンダーグラウンドな印象のある話だと思っていたので、あまりピンと来なかった。川に突き落とされたとーちゃんの方(菊五郎)が、矢鴨(!)のきぐるみ姿で生還する。使用曲は「ツァラトゥストラはかく語りき」。息子演じる、惚れた白玉を追って花道を引っ込む時は「恋のダウンロード」(こちらは編曲して下座が演奏)。
このくすぐりの場面でも、市井の中年男性を演じる菊五郎はとても説得力がある。でも白塗りになると、日焼けで顔がグレーになってしまう。学生時代に歌舞伎座で総稽古を見学した時、菊五郎が手だけ塗らずに稽古をしていた。もしやこれが「手抜き」の語源なのかもしれないと、ワクワクしたのを覚えている。
スポンサーサイト
copyright (C) 大福帳 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。