大福帳
 

大福帳
--年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 08月 24日 (木) 01:32
最近になってW杯の話をしていたら、友人がさらっと「マテラッツィはバレエだったねえ」と言いました。私は我が意を得たりと大喜びです。

ほんとかなあと思われた方は、『椿姫』第3幕のパ・ド・ドゥ、『マノン』沼地(写真)のパ・ド・ドゥなどの、死にかけの主人公の踊りをぜひご覧ください。あの倒れ方が、ドラマティック・バレエのチープなパロディのような「どベタ」な表現であったことを、納得していただけると思います。
(足の甲にご注目ください。すごい屈曲!また単純に垂直方向だけを意識した身体ではなく、とめどなく刻々とあちこちに流れる人間の意識さながら、いろんな方向に力が分散されているのがわかります。
プティの作品を踊るフェリがポアントで立った時は、柔らかくて強い甲にたくさんの表情がありました。土着(特定少数)の人間関係の中で生じる、ちょっとした劇性とか会話のリズムとかを感じさせるような、独特のニュアンスを持った脚でした。
そしてこのマクミラン『マノン』。フェリはポーズというか脚だけでもう、いわゆる古典とは質の異なる身体が/身体と音楽との関係が、この作品にはあるんだろうなと想像させてしまうダンサーだと思います。画像:世界バレエフェスティバル パンフレットより)

早々にイタリアチームの優勝を予想した、身近にいる生粋の勝ち負け好き(テニスをしていたら、ラミレスに突然「ナイスプレイ」と褒められたらしい)の気迫のこもった観戦は例外として、私の周りで人気が集中したのはアルゼンチンの放送でした。皆の目的は一つ、客席のマラドーナを観るためです。
よくサッカーの試合放送を観ている人が、「この時のマテラッツィとイタリアチームは、吉本新喜劇と見紛うコントになる条件をいくつも揃えていた。にもかかわらず、「禍々しい騒然とした空気」を瞬時に組み立てたチームプレーに私は驚いた。そうした身体の見せ方や表情は、稽古しないでできるものなのだろうか」と書いた私の記事(劇場紙風船 いつも正しい言葉とサッカー)に、親切に答えてくれました。

「アルゼンチンはそんな練習ばっかりしてるよー。で、 ちょっとおでこに手が生えて。マラドーナの神の手ゴールってあったでしょ、あれあれ。うん、生えるといいなあって感じだったんじゃないかな」。やはり「演劇の目で観たスポーツ」最終回はサッカーのルーツなんか調べていないで、マラドーナについて書くべきだったかと少し後悔しました。

そのほかW杯の話(試合そのものの面白さについてではなく、周辺の話題)で出たのは、新しい国の国歌と、クラシック音楽の進化のことぐらいでした。前大会の、文字通り劇的な誤審騒動以降ほどの、急激な盛り上がりはなかったです。

話をバレエに戻して…「エトワール」の監督が、パリ・オペラ座の協力で今度はフィクション「オーロラ」を創ったそうです。ドキュメンタリー「エトワール」はロモリのぼやき(後に昇進して報われました)が大変リアリティのある映像で、しかしあとは制作陣の「アートで行きたい俺」マインドにより、いらぬ紗が何重にもかかってしまった作品だったと記憶しています。今度はまごうことなきアートでありますよう。


大丈夫かなあ
(画像:完成披露試写状 同封写真より。透けた紙に印刷されていて、大変凝っています)

「オーロラ」は踊ることを禁じられた国の王女と、名も財もない絵描きの切なくも美しい恋物語だそうです。主人公にはパリ・オペラ座学校に通うマルゴ・シャトリエが抜擢され、そのほかエトワール3名(ル・リッシュ、ジロ、ベラルピ)をはじめ35人以上のオペラ座のダンサーが出演しています。
手元の資料には音楽の情報がないのですが、タイトルから推測する限り「眠れる森の美女」からいくつか取っているのかもしれません。
個人的にはジロが楽しみです。なんとか公開前にレビューを書くよう務めます。
スポンサーサイト
copyright (C) 大福帳 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。